海外事業に有利な地域とは|内覧会でポイントを知って歯科を成功させよう
男性と女性

内覧会でポイントを知って歯科を成功させよう

海外事業に有利な地域とは

ビル

海外に拠点を持つには

香港は、中国の特別行政区となっていますが、中国と異なり法整備がなされ規制も少ないことから、投資環境に優れていると言えます。また、中国市場への窓口として有利な位置にあります。その香港で会社設立するには、二つの方法があります。一つは、日本の株式会社に相当する有限公司を新規に設立する方法です。これは新規に会社を設立しますので、会社名・役員構成・事業目的等を決め会社登記をする必要があります。もう一つはシェルフカンパニーといい、既に登記されている会社を買い取って、名義変更をします。新規に設立するよりも簡単に手続きを済ませることが可能です。上記二つの方法により会社を設立しますが、香港の会社設立では、日本人でも設立可能であること、最低1香港ドルの資本金で設立できること等の特徴があります。

海外拠点設立の注意点とは

香港では比較的簡単に会社設立することが可能ですが、会社設立をどこに依頼するかにより設立費用が異なってきます。現地の業者に依頼すれば費用は安く済みますが、英語や中国語での対応という言葉の問題があります。他方、日本の業者に依頼すれば相対的に費用が高くなりますが、言葉の問題はありません。ご自身の状況に応じて選択することが必要です。また、香港での会社設立は日本からでも可能ですが、銀行口座は香港に行って開設する必要があります。香港は投資環境の他にも、税制上の優遇措置も受けられるメリットがあります。但し、香港の法人税率が低いことから、日本のタックスヘイブン対策税制により、日本の会社や個人の所得と合算して日本で課税されてしまいますので注意が必要です。